外壁塗装奈良ドットコム-株式会社ヨネヤ

お知らせ&ブログ:外壁塗装・外壁リフォーム豆知識

TEL:0120-478-017 電話受付 9:00~20:00(年中無休)

外壁塗装・外壁リフォーム豆知識

外壁塗装におけるキーワードを少しまとめてみました。
外壁リフォームにおける豆知識としてご参考に!

●クラック・ヒビ

外壁にクラック、ヒビが入っている状態では
内部に雨水が入ってくる可能性があります。
毛細管現象で壁の内部に雨水が広がる危険があります。

→ 基本的に、外壁に現れるヒビの原因は地震などの振動が多いと思います。
  大きな国道沿いの家などは、トラックなどの大型車両による振動の場合も
  ございます。このヒビも雨水の浸入が発生しますので要注意です!

●チョーキング現象

チョーキング現象とは、太陽の紫外線によって塗料が分解され、粉状となって
析出されたものを言います。本来の塗料の防水性能が失われ、外壁の劣化が促進される
可能性がございます。

→ 塗装がはがれてしまうと塗料という保護膜がないため、
  太陽の紫外線や酸性雨などに直接、攻撃を受けてしまい
  外壁の寿命を縮めています。外壁の下地がコンクリートの場合などは、
  酸性雨の影響により、本来アルカリ性のコンクリート成分が中和され、
  酸化するため劣化を促進させてしまいます。
  この状態が進行すると、コンクリート内部の鉄筋が腐食され、
  腐食した鉄筋の膨張により表面のコンクリートが崩れ落ちてしまいます!

●凝集破壊

窯業系サイディングのひび割れを言います。
不良シーリング材の使用や混合不良によって生じる現象で、
表層部が劣化したり、目地が膨れたりします。

→ 外壁のパネルとパネルを繋いでいるゴム状の柔らかい物質をシーリングといいます。
  窓と壁の接合部分にも打ってあります。このシーリングの役割は地震の振動を吸収したり、
  雨水の浸入を防ぐ為の大事な役割を果たし、一般的に「コーキング」とも
  言われることもございます。このシーリングが劣化するという事は、
  雨水の浸入を許してしまうことになります。
  外壁の内側に雨水が入ると壁の内側は防水処理がしてない為、
  壁の内部の木材などの腐食の原因となります。

お知らせ&ブログ , ブログ | 2017/04/13