外壁塗装奈良ドットコム-株式会社ヨネヤ

雨漏りについて

TEL:0120-478-017 電話受付 9:00~20:00(年中無休)

雨漏りについて

まず雨漏りは、なぜ発生するのか?の前に屋根・壁の構造を確認して頂きましょう。

外壁(サイディング)

外壁(モルタル)

屋根(カラーベスト)の場合

屋根(瓦)の場合

図のように、一次防水、二次防水にて、外からの雨水や湿気を建物内に侵入しない様にするという仕組みです。
・雨漏りの理由として、まず、外壁であれば一次防水のサイディングや、モルタル本体の割れ、コーキング部の経年劣化等による硬化現象、縮み、割れ、めくれ等により必要以上の雨水や湿気が痛んだ一次防水を通過して、二次防水層に辿り着いてしまいます。
ここで、浅い築年数の家で雨漏りが発生するケースと、築30年以上の家でも、一度も雨が漏らない違いは新築時、家を建てる時の二次防水の貼り方が大きく関わってくるのです。
例として、二次防水のルーフィング(防水シート)が下地や合板を確実に守る貼り方がされているか、ルーフィングの重ね幅が十分であるか、貼り付け時に敗れや欠損部はないか 等です。
1つでも不備があれば、一次防水が痛んだ時点で、二次防水は雨や湿気を止めることが出来ずに室内に浸水してしまうのです。
こうなると、雨漏れを止めるためには、一次防水で止めるために、傷みのあるヒビ割れの補修やコーキングの打ち替えなどの下地補修を行い表層を防水塗膜にて、雨水の侵入を防ぐという事になります。
というのも、二次防水をやり替えるとすれば、サイディングやモルタル等、全てめくり外さないといけないため、かなり大きな工事費が掛かってしまうからです。

屋根の雨漏れにおいては、一次防水のカラーベストや瓦などが割れや欠損している等の場合は下地に控えている二次防水(ルーフィングシート)が必要以上の雨水や湿気の侵入、また外気に晒されている事でルーフィングシートが傷みやすくなり、破れたり、穴が開いてしまい雨漏れに繋がります。
屋根の雨漏りで厄介なのは、一次防水では雨漏れを止めることが出来ないという事です。

それはなぜかというと、屋根の構造上、図のように

しかし、二次防水が破れたり、穴が開いていたりすると室内に雨漏りが発生します。
ですので、一次防水はもともと雨水が通る構造になっているため、一次防水の割れ補修を行っても雨水は二次防水層に辿り着いてしまいますので、屋根の雨漏りは一次防水のカラーベストや瓦の塗装では雨漏りを止めることはできず、二次防水からの貼り替えや増し貼りが必要となるため、屋根の葺き替えやカバー工法(上から屋根をかぶす方法)が必要となり、大きな工事費用が掛かってしまいます。

まとめとしては、外壁・屋根共に一次防水を丈夫な状態にすることで、二次防水を傷みにくくし、その結果建物内部への雨漏りを防ぐという事に繋がるのです。

雨漏りをピタッと止めるために!

雨漏りを発見した時点で可能な限り素早い対応が求められます。
一度雨漏りを起こしてしまうと、外部から内部への雨水が通り抜けた道が出来上がり頻繁に雨漏りが発生しやすくなります。
また建物の構造部(柱・梁等)や内装部(下地も含む)にも雨水が回ることで傷める原因となります。それにリンクして、建物の構造内部の元々換気性の少ない部分に必要以上の湿気や雨水の侵入により、黒カビの発見原因に繋がります。
黒カビは人体に対してアレルギーや喘息を引き起こす原因に繋がる可能性が有りますので雨漏りの修繕の際にはその辺りも含めた計画施工がよろしいかと思われます。
弊社では、まずはお客様から雨漏り時の状況や様子をお聞きした上で赤外線カメラを使い、雨水の流れを確認。
その後、雨漏りの原因の可能性が高い部分の散水調査を行います。
これは弊社が今までに1000件以上の外壁工事を行った経験と日本国内にて最大級の雨漏り団体「雨漏り119」の加盟店としての雨漏り修繕マニュアルにより確実に雨漏りをピタッと止めることが出来るのです。