奈良の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り補修なら実績No1の安心のヨネヤ

0120478017
メニュー
閉じる

スタッフブログ:外壁塗装の塗膜についての基礎知識

TEL:0120-478-017 電話受付 9:00~20:00(年中無休)

外壁塗装の塗膜についての基礎知識

こんにちわ。奈良・香芝市で外壁塗装・屋根塗装を行っておりますヨネヤweb担当の藤本です。宜しくお願い致します。

今日の香芝市ですが昼から雨です。お出かけの際は足元に十分ご注意ください。

今回は外壁塗装の塗膜についての基礎知識をご紹介します。

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装で使う塗料の画像

【塗膜とは】

塗膜とは塗料を塗ってそれが固まることで作られる塗料の膜のことです。

外壁や屋根、雨樋などの外装部分は日々雨水、太陽の紫外線を受け劣化しています。雨水が建物の内部に侵入すると劣化スピードが加速します。

これを防ぐための手段の一つとして建物に塗装を行い、塗膜による建物の保護を行う方法があります。

塗膜を形成するために使用する塗料とは、顔料・樹脂・水もしくは溶剤・添加剤を加えて形成されている液状のもので、これを下地(屋根や外壁そのもの)に塗布し乾燥させることで成膜させます。

(塗膜になるもの)

①顔料=塗料の色彩などを形づくる成分で無機顔料と有機顔料の2種類があります。

②樹脂=塗膜の素になる成分でこの樹脂の特徴により耐候性や柔軟性、耐水性等の塗膜性能が決まります。

③添加剤=塗料の性能を向上させる補助薬品で代表的なものは防カビ剤や艶消し剤などが挙げられます。

(塗膜にならないもの)

①水もしくは溶剤=樹脂を溶解したり塗料の粘度を調整したりするため使用され、代表的なものはシンナーや水などが挙げられます。これが揮発しなければ塗膜になりません。

【塗膜の役割】

塗膜が建物にとってどのような役割を担っているかをご紹介します。

塗膜の役割ですがコーティング(保護)です。屋根や外壁にはセメントが使用されているものが多いのですが、そのセメントには水を吸収する性質があるので何もコーティング(保護)していない状態でありますと雨水を吸収します。

吸収した水は気温差により膨張したり、伸縮したりしますのでやがてがセメント部分が割れたり、爆裂したりします。

さらに劣化が進みますと建物内部に水が入り、建物全体を劣化させていきます。

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の外壁と屋根の劣化画像

外壁や屋根は家全体を守ってくれているものですが、その外壁材や屋根材自体を守ってくれているのが塗膜です。塗料を塗ることで外壁材や屋根材のひび割れや欠落、反りなどを防ぎ建物を長く保たせる働きをしてくれています。

建物を守るための外壁や屋根のコーティング材の役目を担う塗膜はどうやって作ればいいのか、次に塗膜が出来るまでの流れと良い塗膜と悪い塗膜の見分け方についてご紹介します。

【塗膜ができるまで】

塗装時に塗料が規定より薄く塗られていた場合、塗膜が薄くなり本来の性能を発揮できず、また再びひび割れてしまう、剥がれてしまうこともよく起こります。

塗装は色がつけば良いわけではなく、正しい工程で、かつ、正しい量の塗料(塗布量)を正しい施工方法で作ることが塗装工事を成功させる上でとても重要になります。

正しい工程と正しい塗布量、正しい施工方法とはどのようなものなのかご紹介します。

(塗装の工程)

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装・屋根塗装の下塗りと中塗りと上塗りのイラスト

塗膜を形成するには大きく3つの工程により形成されます。素地と中塗り・上塗り塗料の密着を約するために下塗り、基材を保護したり色をつけたりするための中塗り、上塗りという流れで塗膜を形成していきます。

ですが、塗料によりましては下塗りが不要であったり、素地(外壁や屋根全体のことです)が痛みすぎている場合はこれ以上の回数を塗装しなければならなくなったりしますので使用する塗料の仕様書(説明書)の確認が必要になります。

(基準塗布量)

基準塗布量とは正しい性能を発揮するための塗膜を形成するために一定の面積に塗布しなければならない塗料の量のことです。

これは塗料によって様々でパンフレット等で記載されています。紙とのりをイメージしますと分かりやすいかと思うのですが紙と紙を貼り合わせる時、のりを極薄く伸ばして紙同士を貼り合わせ数日で剥がれてしまった経験はないでしょうか?正しい量を塗らないと完全に紙と紙はくっつきません。塗料も同じで正しい塗布量を守らなければ本来の性能が発揮されず、不具合を発生させてしまいます。

【正しい施工方法】

塗膜を作ることでもう一つ大事なことがあります。それは決められた乾燥時間(インターバル)です。それは決められた乾燥時間(インターバル)をしっかり守ることです。塗料は塗膜になるものと塗膜にならないものの2種類に分類され、塗膜にならないものが揮発して固形化します。塗料がしっかり固まることができなかった場合、塗料が膨れてしまったり、早期に色あせしてしまうことに繋がります。そのためメーカーが各塗料に対し、乾燥時間(温度・湿度にも基準含む)の基準を設けているため、その基準に沿って工事を行う必要があります。

この2つのことを守りしっかりとした塗膜を作ることこそが質の高い工事に繋がります。

【しっかりとした塗膜が作れなかった際に起こる不具合】

しっかりとした塗膜を作るためには正しい工程、正しい塗布量、正しい施工方法の3つを守り施工する必要があります。それが守られない場合、これからご紹介するような不具合が起こる可能性があります。

①耐久年数10年なのに2年でチョーキング

チョーキングですが壁を触ると手に白い粉がつく現象のことでして、塗料の顔料が表にむき出しの状態のことを言います。この現象が起こります原因は塗料に含まれている樹脂が紫外線、雨、熱などの影響により劣化していき、どんどんやせていくことで、色などを付ける役割の顔料と呼ばれるものがむき出しになってしまい、そこが表面で粉化してしまっています。

本来、使用しなければいけない量の塗料を使用していなかった場合、このような劣化のスピードが早く起こってしまうことがあります

奈良の香芝の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の外壁のチョーキングの画像

②塗装して3年で退色

退色は塗りたての頃より色が薄く、色褪せて落ちてしまう現象のことです。原因は日光の紫外線で樹脂に守られた顔料がむき出しとなり、色素が紫外線によってダメになってしまうこともあります。チョーキング同様、基準塗布量を守っていかなければこのような現象が早くに発生してしまうこともあります。

③上塗り材の塗膜のひび割れ

塗布量がしっかり守られていなかったり、決められた乾燥工程と乾燥時間、温度などを守らずに次の工程に進んでしまうことがあると、写真のように塗膜自体がひび割れてしまったり、亀裂が生じたり、形成不良を起こしたりしてしまいます。

今回は塗装工事を行って頂くにあたって非常に重要となる塗膜の基礎知識と工事に失敗しないためのポイントをご紹介しました。

塗膜は外壁や屋根そのものの雨や紫外線から守る役割を担うもので家を長持ちさせるために非常に重要なものです。

奈良で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽にヨネヤまでお問い合わせください!!

スタッフ一同お待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、奈良・香芝市のヨネヤまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

ヨネヤショールームのご案内
ショールームには模型や実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはヨネヤまで!
不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
ヨネヤではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

ヨネヤの塗装ラインナップ☆彡
「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

ヨネヤの施工事例♬
「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※WEBお見積り依頼でマックカードプレゼント!!

株式会社 ヨネヤ
住所:〒639-0227 奈良県香芝市鎌田109-6
営業時間:9:00~18:00
TEL. 0120-478-017
FAX:0745-43-5227
電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております

→メールでの来店ご予約は【こちら
→メールでのお問い合せは【こちら

LINEでの問い合わせは下記のQRコードを読み込むか、スマホの場合「友だち追加」ボタンをタップして下さい。
LINE QRコード 友だち追加

スタッフブログ | 2020/06/25

うちの塗装リフォーム費用を知りたい そんな方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい!!
お客様と一緒にお家の悩みを解決させて頂きます! お見積り・ご相談「0120-478-017」